面接

転職に成功するために情報を集める|自分の理想の仕事発見

1日の流れに密着

渋滞

タクシー運転手の求人は人気がありますが、具体的にタクシー運転手の業務としてはどのような1日の流れになるのでしょうか。求人に応募する前には、まずは業界の研究をしましょう。求人広告にはなかなか細かな情報が掲載されていることはないでしょう。そこで、タクシー運転手の1日を追ってみましょう。まずは、アルコール検査を行います。タクシー運転手としても、ドライバーとしても、飲酒運転は厳禁です。もしもアルコール検査に引っかかることがあれば、当然仕事はできません。前日の深酒でアルコールが残っていても、言い訳になりません。タクシー運転手は、お酒とは厳しく付き合う必要があるでしょう。次にタクシーの点検を行い、不備がないかを確認します。さらに朝礼や発声などをしてから出発です。タクシー運転手はドライバーですが、接客業でもあります。お客さまに満足してもらえるサービスを提供しなくてはいけません。声を出して、明るく接客するためには、まずは挨拶が重要でしょう。流すルートは、タクシー運転手が決めてよいことが多いでしょう。季節や天候などによっても人の流れは変わります。電車やバスの遅れなども敏感に情報収集する必要があるでしょう。隙間時間を見つけて、食事休憩を挟みながら、勤務時間まで走ります。休憩時間が固定ではないことがタクシー運転手の大きな特徴でしょう。勤務が終了したら、会社に戻って売り上げの入金や報告作業を行います。最後に、タクシーを洗車して次の勤務に備えます。タクシーの求人に興味がある人は、このような業務の大まかな流れを把握してから応募することをおすすめします。