面接

転職に成功するために情報を集める|自分の理想の仕事発見

地理試験について

緑色のタクシー

タクシーの転職は人気がありますが、誰でもが長く続けられるような簡単な仕事ではありません。転職活動を行っている人は、タクシー求人が魅力的に感じることも多いようです。なぜなら、経験がなくてもスタートでき、ある程度の収入が保証されているからです。また年齢の壁も気にしなくてよいことがほとんどです。しかし、タクシーの転職を考えている人は、勉強をする必要があることを忘れてはいけません。東京の23区と武蔵野市、三鷹市といった特定指定地域、大阪、神奈川でタクシードライバーになる場合は、地理試験を受ける必要があります。地理試験が必要な地域は、道路状況が混雑する地域で、運転の技術や知識が必要とされるのです。そのため、地理試験にパスすることが求められています。試験は、地名や、道路に関する問題から公園や観光名所、駅の場所に至るまで40問あります。32問以上正解しないと合格できません。マークシート形式ですが、しっかりと勉強して臨まなければパスすることは難しい試験です。過去問題など使って学習しましょう。タクシーセンターの公式サイトなどでも過去問題を確認することができます。何度も勉強することが合格への近道といえるでしょう。該当地域のタクシードライバーに転職する前には、こうした地理試験を受ける必要があるという認識を持ちましょう。また、地理試験を受ける必要がない場合でも、担当する地域の地理情報を頭に入れることは、プロとして当たり前のことです。地理を覚えるつもりがない人は、タクシードライバーはあきらめた方が良いかもしれません。